• ブログ
  • 2018.7.26

高岡中学校へ歯科予防の講演に行ってきました☆

先日、高岡中学校で院長が歯科予防についての講演をしました(^-^)

むし歯と歯周病はどのようにしてなるのか、歯並びが良いとどれくらい顔の印象が変わるか、スポーツ選手や芸能時はなぜ歯がキレイなのか、などなど…。歯は健康にとっても大切だということをお話しました。生徒の皆さんや先生方も真剣に聞いていらっしゃいました。

そして最後には私たち、歯科衛生士による歯磨き指導を実習で教えました!歯ブラシの持ち方は”えんぴつ持ち”だと指導すると皆さん驚いていました。

最近の中学生はむし歯になる子は少なくなり、あっても1、2本と少ない子が殆どです。それは”フッ素"の効果があるからで、学校全体で週に1回フッ化物洗口の時間があり、歯が強くなってむし歯に負けないような歯になってきているのだと思います。 

しかし、歯と歯茎の境目を磨けておらず、歯肉炎になっている子が多く見られました…。今回教えた、歯ブラシの毛先を歯茎に対して45度に当てて磨く磨き方をマスターして、むし歯と歯肉炎を予防してほしいと思います☆

定期的に歯医者に行き、メンテナンスや検診を受けることもオススメですので、是非いらしてください。