• ブログ
  • 2022.11.15

キシリトール!!!

こんにちは。谷山歯科医院です(^-^)
段々と朝晩が冷え込むことが増えてきましたが、いかがお過ごしでしょうか。

よく歯の健康を守るために~などで耳にすると思うキシリトール。
一体、キシリトールがどんなものなのかはご存じですか?

今回はそんなキシリトールが歯にどんな影響を与えているのかをお話したいと思います。
キシリトールとは甘味料の1つです。普通の砂糖と比べると、甘さは同じくらいですがカロリーは砂糖の約75%です。イチゴなどの果物、ホウレン草などの野菜にも含まれており、お菓子など様々な食品にも甘味をプラスするために使用されています。

そんな甘いキシリトールですが、「キシリトールはむし歯の原因にならない」のです。
キシリトールを摂取しても、お口の中に存在する細菌はむし歯の原因となる「酸」を作り出すことができません。私たちの口の中に存在するミュータンス菌は、糖分をもとに「酸」を作り出します。この酸が、私たちの歯の表面を少しずつ溶かしむし歯にしてしまいます。
しかし、キシリトールはミュータンス菌に取り込まれても「酸」を作りません。また、ミュータンス菌に取り込まれたキシリトールは、ミュータンス菌の活動を弱める働きをしてくれるんです。

そんなキシリトール。グミもあるんです!すみっコぐらしのパッケージでとってもかわいいんです!このブログを書いているスタッフはすみっコぐらしが大好きなのですぐに買いました(笑)
このグミはよく噛むことができるように弾力のある少し固めのグミになっています。
①よく噛むことにより唾液がよく出るようになる!
→唾液はお口の中をきれいにして息をきれいにしたり、むし歯や歯周病を防いだり歯を強くする役割があります。
②よく噛むことによって脳に流れる血流を増やす!
→お子様の脳の発育を助け、高齢の方の認知症の予防、脳の活性化にも役立ちます。
③よく噛むことは健康な体づくりに役立ちます!!


歯科で取り扱っているガムやグミはキシリトール100%です。
甘いものが食べたいけど、むし歯が気になる…という方、ぜひキシリトール製品を手にとってみませんか?